必要とされている人材として注目されているドライバー

現在の取り組み

現在の取り組みやトレンド

現在では多くのタクシー会社があり、競争が激化している一面もあります。 景気が不安定になるとタクシー利用者も減少する傾向にありますが、少しでも利用客を増やそうと各タクシー会社でも様々な取り組みを行っています。 特にタクシードライバーに関しては、接客業としてのマナー研修などを徹底しているところなども多く見られます。 最近ではカーナビやGPSを搭載しているタクシーが増えています。GPSを搭載していることで簡単に位置情報を割り出すことが出来るため、スマートフォンのアプリで配車をした場合、近くにいるタクシーをすぐに探し出して依頼者の元へ向かうことができるため、タクシーを探したり待ち時間などが短縮できるようになっています。

タクシードライバーになるには

タクシードライバーを募集しているタクシー会社は数多くあり、そのほとんどが未経験者でも採用してくれる場合が多くなっています。そのため中高年になってからタクシードライバーに転職する人も多くいるのが特徴です。 タクシードライバーになるには、二種免許の取得が必要になります。二種免許は教習所などに通って取得する必要があります。 二種免許の取得後に採用となる場合が多いですが、入社後も会社によってはいくつかの研修を受ける必要があります。 給与等の待遇面はタクシー会社によってそれぞれ異なりますが、勤務形態は日中のみや夜間のみなどと自由に選ぶことができる会社も多くありますし、大都市圏の場合は社員寮などを用意しているところもあります。